【募集】MSC マインドフル・セルフ・コンパッション8週間コース オンライン開催




あなたが人生の困難に出会ったとき、失敗をしたとき、そして自信を失ってしまったと感じるような瞬間に、大切な友人に向き合うような思いやりと優しさを自分自身に向けることができたら、人生はどんな風に変化していくでしょうか。


セルフ・コンパッションとは、大切な友人を思いやるように、自分自身の痛みや苦しみに寄り添うことを意味します。

現在、世界の多くの国で学ばれているトレーニング・プログラム、マインドフル・セルフ・コンパッション(MSC)のオンライン10週間コースに参加して、自分自身へのコンパッションを育みませんか?




マインドフル・セルフ・コンパッション (MSC)は、マインドフルネスと心理療法の統合分野でリーダーとして知られるクリストファー・ガーマー博士(ハーバード大学)と、セルフ・コンパッション研究の先駆者として名高いクリスティン・ネフ博士(テキサス大学)によって2010年に開発されました。現在までに全世界で10万人を超える人が受講し、20を超える国と地域で提供されています。 開催日時/2022年1月15日〜3月12日 毎週土曜日

開催時間/午前9時〜正午

リトリート 2月19日(土)午前9時〜午後1時(およそ4時間)

*各セッションはおよそ2時間半-2時間45分です。

*2月19日(土)のリトリートのみ午後1時頃に終了(およそ3時間半-4時間)となります。

*本コースの修了はMSC講師養成トレーニング参加の際の要件を満たします(全てのセッションとリトリートへの出席が前提となります)。

*ご都合により最初のセッションに参加できない場合、またはセッションに2回以上参加できないことが既にお分かりの場合は、別の機会をご検討ください。

場所/オンラインZoom

受講料/$620(早割$570)

講師/渋沢田鶴子&ハースのり子

​詳細/https://cih.ucsd.edu/mindfulness/compassion/msc-japanese

お申込み/https://na.eventscloud.com/jan2022mscjp

ご質問・お問い合わせ/mindfulness@health.ucsd.edu

主催/米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 マインドフルネス・センター